唐突ですが「馬王Z」というソフトをご存知でしょうか。
JRA-VANの人気ランキングで常に上位にいる凄いソフトです。

馬王Zは各馬の能力的な値を「得点」とか「予想タイム指数」と表現しているのですが、 これらのデータをTARGET外部指数用に出力する処理を作ってみました。

※「得点」や「予想タイム指数」は「馬王の有料会員」でないと見ることができません。
 そのため、この機能は「馬王の有料会員」でないと全く意味のない機能です。

 


なぜ「血統ダイナマイトの機能にいきなり馬王が出てくるんだ??」と思われる方も多いと思います。
ごもっともだと思います。
血統ダイナマイトと馬王Zは全く別のソフトですから。

ですが、血統ダイナマイトでTARGET外部指数出力機能を作ったときに、
何か他の競馬指数も同じように出力できたら面白いかも」と思って試しに作ってみました。

大まかな処理の流れは次の通りです。
1.馬王Zでデータを取得して「得点」や「予想タイム指数」を更新します。
2.血統ダイナマイトで馬王出力画面から指数の出力処理をします。
3.TARGETで外部指数の設定をして出馬表などに表示します。

ここからもう少しこまかく手順を説明します。
血統ダイナマイトを起動し、メニューの「ヘルプ」→「おまけ」を選択します。
馬王指数出力画面が開きます。

馬王出力01画面

最初に馬王Zのデータベースフォルダの場所(赤枠の部分)を選択する必要があります。
※この設定は通常初回のみです。
データベースフォルダの場所は人それぞれです。
上の画像はサンプルなので、この通りにしても正しく処理されません。

データベースフォルダの場所を選択するには、まず「参照」ボタンを押して
そこからフォルダを探して設定してください。
または少し面倒ですが、そのまま入力してもOKです。

データベースフォルダの場所が分からない場合は、馬王Zで確認することができます。
馬王Zの「ファイル」→「データベースの情報」→メインデータベースファイルに表示されている内容を参考にしてください。

緑の枠は出力する日付です。
「常に今日以降を出力する」にチェックをすると、画面を開いたときに今日以降の日付が設定されます。

ピンクの枠は、TARGETの外部指数に設定する内容です。
ここを見ながら設定してみてください。

設定が終わったら「指数出力」ボタンを押します。

正常に出力されると、
血統ダイナマイトの「SISU」フォルダの下に「得点」と「予想タイム指数」というフォルダが作成され、その中にファイルが出力されます。

馬王出力02出力後1

さらに「得点」フォルダの中を見てみると、ファイルが出力されているのが確認できます。

馬王出力03出力後2

以上で血統ダイナマイト側の作業は終わりです。

ここからはTARGET側です。
TARGETを起動したら、「環境設定」→「外部指数の設定」を選択します。
※この設定は通常初回のみです。
ここで「得点」と「予想タイム指数」の設定を追加します。(青枠の部分)

馬王出力04TARGET設定

サンプル画像ではすでに№1と№2の外部指数があるので、「得点」は№3、「予想タイム指数」は№4となっています。(青枠の部分)
画面の下(黄枠の部分)にある、成績画面や出馬表で表示する外部指数の№も設定しておきます。
もしこの状態で、もう1つ外部指数を追加すると、その外部指数の№は5になります。
そして追加した5番目の外部指数を表示したい場合は№の部分に”5″を選択するという感じです。

上記設定が終わったら出馬表で確認してみます。
外部指数は出馬表画面のいくつかのタブで確認できますが、ここでは「★3」タブで確認しています。
画面を見てみると、「得点」と「予想タイム指数」が表示されているのが確認できます。

馬王出力05TARGET出馬表

もしここで表示されてない場合、出馬表の右上の方にある「★項目設定」を押してください。
すると、項目選択画面が開きます。
表示されてない場合はこの画面で外部指数が追加されてない可能性が高いです。

馬王出力06TARGET項目選択画面

この記事の例で言えば「得点」を「外部指数3」、「予想タイム指数」を「外部指数4」として設定してますから、上の画像のようになります。

以上で基本的には終了です。

基本的には終了なんですが、指数出力機能と同じく、出力専用のショートカットを作成することで、もっと早く簡単に処理を出力することができます。ここではそのショートカットのポイントだけを載せておきます。

詳しい処理の流れは「TARGET外部指数用に指数を出力する応用編2」の記事をご覧ください。やることは同じようなことです。
ただし馬王出力機能の場合、条件ファイルの保存や読込はありません。
「得点」と「予想タイム指数」を固定で出力するしかないからです。


ショートカットの設定は以下の通りです。
もともとの値のあとに「 autobe」と設定してください。
半角スペースのあとに、”autobe”です。

馬王出力07ショートカット設定