出馬表画面です。
ポイントをいくつかご説明します。

・開催日一覧(赤の枠)
開催日の一覧です。日付が新しい順に表示されています。
開催日を選択すると、その下のレース一覧が表示されます。

・レース一覧(青の枠)
発走時刻順に表示されています。
レースを選択すると出馬表が表示されます。

・出馬表のメイン(緑の枠)
画面左側は主に一般的な出馬表の情報
画面右側は父や母父の成績、前走やレース結果などを確認することができます。

・投票エリア(オレンジの枠)
出馬表左側にある馬のチェックをすると下に買い目が表示されるようになっています。
ここから買い目を絞ったり投票することが可能です。
色がついている買い目は的中していることを示しています。

 

ピンクの枠は、現在表示されている父や母父の成績が「どのように集計されたか」を示しています。
このソフトでは集計方法を3つ用意しています。
「こまかい集計」
父や母父の成績をコースごとに集計する方法です。
例えば京都芝1400mの内回りと外回りも区別して集計します。
そのコースに特化した父や母父の成績が得られる反面、施行回数の少ないコースは、集計データの信頼性が欠けやすいと言えます。

サンプルの宝塚記念の例で言いますと、
阪神 芝・右 2200mだけの集計結果が表示されます。
※こまかい集計の画像

「ふつうの集計」
父や母父の成績を競馬場、芝ダ障害、距離区分ごとに集計する方法です。
この集計方法を「ふつう」と呼ぶのが相応しいかという議論はあるかと思いますが、
「こまかい集計」と「ざっくり集計」の中間なので、このように呼ぶことにしました。

芝ダ障害とは、細かいコースの違いは気にせず、単純に芝は芝、ダートはダートと捉えて集計します。
内回りや外回りの違いを気にしないので、例えば京都芝1400mの内回りと外回りも区別しないで集計します。

距離区分とは、距離を5つの区分(短距離、マイル、中距離、中長距離、長距離)に分けて集計します。
初期設定では以下のようにしています。
短距離 :1000m以上、1400m未満
マイル :1400m以上、1800m未満
中距離 :1800m以上、2200m未満
中長距離:2200m以上、3000m未満
長距離 :3000m以上

SMILEとの主な違いは、
SMILEでは、1800mをマイルとして扱っていますが、このソフトでは中距離として扱っている点です。
SMILEの分け方だと施行されるレースの半分以上がマイル戦として扱われます。それはいかがなものかと思い、このようにしました。

※距離区分の設定は環境設定画面からできます。

サンプルの宝塚記念の例で言いますと、以下コースの集計結果が表示されます。
阪神 芝・右  2200m
阪神 芝・右外 2400m
阪神 芝・右外 2600m

「ざっくり集計」
父や母父の成績を競馬場、芝ダ障害、距離区分ごとに集計する方法です。
競馬場の違いを区別しないので、例えば、札幌芝1500m、東京芝1600m、阪神芝1400mは全て「芝のマイル」と捉えて集計します。右回りと左回りの違いも区別しません。
ダートの短距離ならこの父、芝の長距離ならこの父が良いなど、ざっくりとした傾向を掴むことができます。
中長距離や長距離などは施行回数が少ないのでそういった場面でも役立ちます。

サンプルの宝塚記念の例で言いますと、以下コースの集計結果が表示されます。
競馬場の違いも気にせず、芝の中長距離を全部まとめて集計しています。

札幌 芝・右  2600m
函館 芝・右  2600m
福島 芝・右  2600m
新潟 芝・左  2200m
新潟 芝・左  2400m
東京 芝・左  2300m
東京 芝・左  2400m
東京 芝・左  2500m
中山 芝・右  2500m
中山 芝・右外 2200m
中京 芝・左  2200m
京都 芝・右外 2200m
京都 芝・右外 2400m
阪神 芝・右  2200m
阪神 芝・右外 2400m
阪神 芝・右外 2600m
小倉 芝・右  2600m

※ざっくり集計の画像

 

・馬の抽出
サンプル画像を見ますと、いくつかの馬にチェックがされ、
画面下に買い目が表示されています。
これは「馬の抽出」機能によるものです。

「抽出設定を開く」ボタンを押すと、父や母父の成績を指定する項目が表示され、そこに設定した値に合致した馬がチェックされます。

1着馬、2着馬、3着馬とタブがありますが、
これは単勝、複勝の場合は1着馬を使用。
馬連、ワイド、馬単の場合は1着馬と2着馬を使用。
3連複、3連単の場合は、1~3着馬を使用します。

また「出走数:平均×」という、分かりづらい項目があります。
これは「出馬表の父の成績や母父の成績に表示されている出走数の平均の何%以上の馬を対象にするか」を意味しています。

以下の図の例では、父の成績が表示されており、赤枠内の出走数の平均は37.3です。
馬の抽出には、「20」が設定されていますので、
37.3×20%=7.4。
父の成績に表示されている出走数が7.4回以上の馬を対象にしているということです。
要はあまり走った実績のない父や母父はいくら勝率が高くても指定したくなかったのでこの項目を追加しました。